アプリケーション

ダメージフリー

オンチップのテクノロジーは、ダメージを最小限に抑えた細胞を用いたサイエンスを可能とします。

マイクロ流路の流れを制御するFlow-shift方式の採用により、一般的なドロップレット方式とは違い、0.3PSIという圧倒的に小さい圧力によりソーティングを可能としました。また、超音波や電荷を使わないため、ダメージを受けやすい神経細胞などもソーティング可能となりました。

痛みに関連するDRGニューロン細胞の細胞種類別ダメージフリーソーティング

【概要】 近年、痛みの可視化と痛みに関わる神経活動についての研究開発が様々な分野で行われている。感覚ニューロン(求心性ニューロン)の細胞体(DRGニューロン)は、外界や内臓からの痛みの情報に関わり、脊髄後根神経節(DRG...

>>詳細を見る

On-chip Sortを用いた大型細胞塊(100μmサイズのスフェロイド)ソーティング

概要 On-chip Sortは、これまでのセルソーターとは異なる特徴を特化させようとしている。元々ダメージフリーを謳い文句にしてきたOn-chip Sortであったが150μm幅の専用マイクロ流路チップを使用すること...

>>詳細を見る

On-chip Sortを用いたスフェロイド(spheroids:細胞塊)均一サイズ100μmの作製

【概要】 “より現実に近い”という観点から再生医療をはじめスフェロイド(spheroids:細胞塊)の状態で効果や反応を解析することが重要視されつつある。特にガン細胞をターゲットとした薬剤評価はスフェロイド内部まで薬剤効...

>>詳細を見る

On-chip Sortを用いた細胞増殖に及ぼす影響の軽減

【概要】HeLa細胞は、ヒト子宮頸がん由来の最も有名な細胞株である。この細胞株は優れた増殖能力を持ち、他の癌細胞と比較しても異常なほどの増殖能力を有する。これら増殖能力の強い細胞はダメージの影響をあまり受けないとされ容易...

>>詳細を見る

On-chip Sortを用いたクラミドモナス(Chlamydomonas sp)の検出・ソーティング

【概要】クラミドモナス(Chlamydomonas sp)は単細胞の緑藻で、実験生物としても遺伝子導入などの手法が確立され鞭毛運動・光合成・有性生殖などの研究で使用される生物である。クラミドモナスは培養環境の変化により細...

>>詳細を見る

On-chip Sortでソートした抜去歯幹細胞の特性評価

【概要】 抜去歯由来の4種類および腸骨骨髄由来のヒト間葉系幹細胞を用いたイン・ビボ解析において、移植後に形成された硬組織からダメージフリーを特徴とする弊社のセルソーター”On-chip Sort”で選択的に分取されたヒト...

>>詳細を見る

On-chip Sortと既存のセルソーターの比較ー好酸球 のソーティングと形態

【概要】 On-chip Sortは既存のJet-in-Air方式のセルソーターに比べ、細胞に与えるダメージが無い。末梢血単核球は比較的ダメージに強いと考えられているが、On-chip Sortでソートした細胞は、好酸球...

>>詳細を見る

ラット胎仔脳の神経細胞のダメージフリー・ソーティング

【概要】 ラット胎児の脳海馬より神経細胞を調整し、神経軸索の形成にソーティングが与えるダメージの影響を検討した。On-chip Sortでソートした神経細胞は、ソート後、神経軸索の形成が観察されたが、既存のセルソーター...

>>詳細を見る